歯の黄ばみの原因と対策について解説します。ホワイトニング

Last Updated on

FUNEです。今日こどもは硬いせんべいをたべたら歯がぐらぐらしたそうです。

ここのところ、第一弾の歯の生え変わりが終了してちょっと落ち着いていたのですが、第二段が始まりそうです。

子どもは「エナメル形成不全」といわれていて、歯並びも怪しげなので毎月チェックにいっています。

そのとき磨いてもらっているので、その時は結構きれいにピカピカしています。

私もときどき思いついたときにやってもらって、そのときは歯の表面がつるつるしています。

だけど、ワインのんだりコーヒーのんだりするので、やはりまめにクリーニングにいかないとすぐ黄ばんでみえてきます。

きちんと歯磨きしているのに、歯が黄ばんでいるのはなぜでしょうか

歯が黄ばんでいると相手に「不潔」「だらしない」といった不快感を与えることも。

また、老けて見えることもあります。清潔感のある白くクリアな歯になるにはどうしたらよいのでしょうか。

歯を白くする歯磨き粉ブレスマイルクリア

なぜ歯は黄ばむのか?

歯が黄ばむ原因には食べ物と飲みものによる「着色」と加齢による「変色」があります。

黄色黄ばみ
原因→食べ物・飲み物飲食物に含まれるポリフェノールなどの成分が唾液のなかのたんぱく質と結びつき、「ステイン」となって歯に付着すると黄ばみの原因になります。コーヒーやチョコレートなどもステインが付着しやすいといわれています。
たばこ
たばこのヤニはステインよりも粘着力が高く頑固な黄ばみの原因になります。
変色黄ばみ
原因→加齢
年齢を重ねると歯は徐々に黄ばんでいきます。歯の表面を覆っている半透明のエナメル質が年々すり減ることで内側の象牙質の黄色味がすけてみえやすくなるためです。
抗生物質
マイコプラズマ肺炎などにかかったときに処方される「テトラサイクリン系」の抗生物質は歯を黄色く変色させると報告があります。
虫歯
虫歯が進行すると、歯の表面の透明感がなくなり、黄ばみがめだつようになります。

どうしたら防げる? 歯の黄ばみ

歯の黄ばみ予防の基本は毎日の正しい歯磨きにあります。

ステインを付着させない

白い葉を手に入れる最初の一歩はステインを歯に付着させないこと。着色しやすいものを飲食したときはなるべく早く歯磨きをしましょう。外出先などで歯が磨けないときは、口をゆすぐだけでも効果があります。ガムを噛んで唾液を出すのもの効果的です。

ホワイトニング歯磨き粉を使う

歯の黄ばみを防ぐにはホワイトニング専用の歯磨き粉を使うのもおすすめです。

歯科でのクリーニング

歯科で定期的にクリーニングをしてもらことも大切です。通常の歯磨きでは落とし切れない着色汚れをクリアにし、虫歯や歯周病も予防します。

ついてしまった黄ばみをとる方法

ついてしまった黄ばみを取るものにも毎日の正しい歯磨きが大切なのはいうまでもありません。
ただ「それだけではあまり効果を感じない」「早く白くクリアな歯になりたい」という人には歯科でのホワイトニングがおすすめ。自分の好みの歯の色に近づくことができます。

歯科でのホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医や歯科衛生士が行うホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、光を照射することで歯を内側から白くします。一度で効果を実感できます。

審美歯科

ホームホワイトニング

専用のマウスピースにホワイトニング剤を入れて装着し、自宅で好きな時間にホワイトニングする方法です。ムラなく奥歯まで白くなります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つを組み合わせる方法。短期間で理想の白さになり、長期間その効果が持続します。

歯磨きジェル

薬用ホワイトニング歯磨きジェル【ビースマイル】

やってはいけないセルフケア

研磨剤が入った歯磨き粉は使用を控えた方が安心。磨くと歯の表面がツルツルになってすっきりすますが、歯のエナメル質を傷つけて帰って黄ばみを悪化させることもあるので注意が必要です。

まとめ

歯の状態のチェックと歯石をとるなどは、通っている歯科医でやってくれるところも多いのでまずはそこからはじめてみてはいかがでしょうか。