敏感肌・乾燥肌のためのオーガニックコスメSorabudoの口コミ

Last Updated on

FUNEです。たいくつ星人のコドモが煩くてしかたありません。暑さがちょっと収まって秋の気配を感じるようになりました。

コンセプトとデザインがぴったりの私好みのオーガニックコスメを紹介します。(鳥のイラストに弱いのです。私・・・かわいいです)


オーガニックコスメ『Sorabudo』とは

100%のオーガニック化粧品! 100%って本当に大変なことなのですごいと思います。一点の曇りもない100%っていうのは、もとは不安定な農作物をつかう天然由来の化粧品原料を使っているとなかなかそうもいかないよね、ということが発生したりするものです。

よく、100%だと信じていたのに実はそうではなかった話をよくきくのです。特に海外モノのコスメで。100%というには相当な自信と勇気が必要です。

原料はすべて天然由来にこだわっています。

Sorabudo オーガニック』は、天然由来の原料から肌に良い成分を取り出してつくった、限りなく自然に近い化粧品です。

エキスを抽出するときや原料を安定させる目的で配合する表示義務のない キャリーオーバー成分も、全て天然由来にこだわっています。

⇒キャリーオーバー成分とは
製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもののこと

肌へのやさしさを最優先に考え、アルコール、合成香料、着色料、石油系界面活性剤など肌のストレスになるものは一切使用していません。

※パッチテスト済み、スティンギングテスト済み (化粧品を使用した際に感じる刺激感のテストです。)

Sorabudo は、世界のオーガニックスペシャリストからも認められています。

化粧品は夢を買っています

化粧品の原料はじつはなんぼでした、みたいな本がでていたり、(水をうってるだけだみたいな乱暴な話があるけど、コスメやさんだって空気うって儲かってるわけじゃないんだからあんまりだと思いますが・・・)

保湿? そんなのココナツオイルだけぬっておけばいいんだよ!

みたいな話もよくでてくるのですが、女性は(こういったコスメを手に取る人は)パッケージやストーリーふくめて、夢を買っているんだなと思います。

夢をみさせてくれて、しかも中身もしっかりしていたらこれ以上いいことがないと思います。

シンガポールで販売!

INFO Tweet 「Bud Cosmetics」さんで、Sorabudo製品をお取り扱いいただくことになりました 2019.5.20 Bud Cosmeticsは、シンガポールにあるオーガニック&ナチュラルビューティブランドの最前線にいるセレクトショップです。新興ナチュラルスキンケアブ... 続きを読む

シンガポールのBud Cosmeticsで取扱いになったそうです!

Bud Cosmeticsは

  • No parabens
  • No SLS (sodium lauryl sulfate)
  • No petroleum / mineral oil
  • No phthalates
  • No GM, pesticides or herbicide residues
  • No animal testing or cruelty during product development
  • No artificial colours or fragrances

ナチュラルなコスメを扱うお店です。厳しいチェックがあります。

世界進出ですね!!

商品情報

まずは最初の一歩 Botanic Skincare Trial Set

ボタニックスキンケア トライアルセット ボタニックセラム〈美容液〉ミニボトル7mL

ローション〈化粧水〉ミニボトル20mL

フェイスマスクが1枚

トライアルセットです。


 価格 1,620円(税込)(送料無料)

Botanic lotionの特長

ボタニックローション
水、グリセリン、チシマザサ水、BG、メチルグルセス-10、酵母エキス、ヨモギ葉エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、ラベンダー花エキス、グルコシルセラミド、デキストリン、コメ発酵液、スイゼンジノリ多糖体、アルギニン、クエン酸、オリーブ果実油、リゾレシチン、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス、レウコノストック/ダイコン根発酵液

潤い

肌をたっぷり潤して、しっとりやわらかな肌に 美容液やフェイスマスク同様に、「ブドウ酵母エキス!」「スイ ゼンジノリ多糖体※2」「米ぬか由来セラミド※3」を配合。さら に、新潟県の酒蔵がつくる純米吟醸オーガニック清酒を原料にし た日本酒酵母エキス※4などをプラスし、しっとりとやわらかな肌 へと誘います。

※酵母エキス(保湿成分) ※2 スイゼンジノリ多糖体(保湿成分) ※3 グルコシルセラ ミド(保湿成分)※4 コメ発酵液(保湿成分)

引き締め

自社製造のハーブエキスでキュッ! ツルスベ肌へ

「ヨモギ※1」をはじめ、有機JAS認定原料の「セイヨウハッカ ※?」「ラベンダー ※3」「ローズマリー※4」などから、それぞれ自 社オリジナルエキスを製造して配合。肌をキュッと引き締めて、 凸凹知らずのつるんとなめらかな肌へと整えます。

※1 ヨモギ葉エキス ※2 セイヨウハッカ葉エキス※3ラベンダー花エキス※4 ローズマ リー葉エキス(全て保湿成分)

浸透力

成分を微粒子化。より効率よく、効果的に肌の奥※1に

肌にしっかりと届いて※「肌への働きかけを効果的にできるよう に、「ヨモギ葉エキス※2」や「コメ発酵液※3」といった美容成分 を超微粒子化。ナノ化するために必要な、油分・水分・乳化成 分・美容成分※4(水溶性)も、もちろん天然由来です。油成分に は「JAS認定オリーブオイル」、乳化成分には「大豆由来のレ シチン※5」を使用しています。

※1 角質層まで※2※3保湿成分 ※4 ヨモギ葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、ラベン ダー花エキス、ローズマリー葉エキス(全て保湿成分) ※5 オリーブ果実油(エモリエント 成分) ※6 リゾレシチン(保湿成分)

ナノ技術・超微粒子製法で有効成分を肌に届けます。

ブドウ酵母エキス(酵母エキス)

水分量を補い保ち、肌にしっかり潤いを与えます。各種ア ミノ酸やビタミン、ミネラルなどの美肌成分がバランス良 く含まれている酵母は、発酵するときにつくられる成分が 皮膚のアミノ酸組成・天然保湿因子(NMF)に近いので、 肌になじみやすいことがわかっています。

スイゼンジノリ多糖体

清らかな水に恵まれた九州のある場所にしか自生していな い希少な単細胞生物の水前寺海苔。この細胞体を覆ってい る寒天質がスイゼンジノリ多糖体です。自然界の中で最も 高い吸水力を持ち、保水力はヒアルロン酸の5倍以上とい われている新物質。肌に与えると皮膜ができ、保湿力が一 層高まります。

有機農場産ヨモギ葉使用 ヨモギ葉エキス

草もちにして食べたりお風呂に入れたり、昔からなじみの あるヨモギ。防腐、殺菌、血行促進などの作用があり、お肌をすこやかに保ちます。

有機JAS認定 ローズマリー使用 ローズマリー葉エキス

お料理にもよく使い、「若返りのハーブ」としても知られているローズマリー。その葉から抽出したエキスを使っています。肌あれを防ぎ、つややかなお肌へと導きます。

有機JAS認定有機JASペパーミント使用 セイヨウハッカ葉エキス

8月から10月にかけて薄紫色の小さなかわいい花をつけるセイヨウハッカ。配合しているのは葉っぱから抽出したエキス。お肌のコンディションを整え、スッと肌になじみます。

純米吟醸オーガニック清酒使用 コメ発酵液

有機JAS認定のお米が原料の日本酒。Sorabudoオリジナル のコメ発酵液です。肌あれを防いで、ふっくらとみずみずしいお肌へと整えます。

有機JAS認定オリーブオイル オリーブ果実油

国内産のオリーブ果実から採取したオリーブオイルを使用 しています。酸化しにくいほか、水分の蒸発を抑えて保水 し、皮膚をやわらかくするエモリエント効果があります。 本品では有効成分を肌に浸透※させるための超微粒子化の 役目も担っています。 ※角質層まで

この投稿をInstagramで見る

yuko sakataさん(@sakatayuko.i)がシェアした投稿

デザインがとっても素敵だと思っていたら、イラストをかいたかたを発見!

素敵です!

この投稿をInstagramで見る

Sorabudoさん(@sorabudo)がシェアした投稿

ボタニックセラムの特徴③ ハリ・弾力】

ダブル幹細胞で肌本来の力を呼び覚ます

肌にもともと存在し、イキイキとした肌を育むためのスタミナ源を生み出す幹細胞。美容液には肌の外側から働きかける「ブドウ幹細胞※1」、フェイスマスクにはブドウ幹細胞※1に加え、内側から働く「アルガン幹細胞※2」をプラス。肌本来の力を高めて、弾力とハリに満ちた若々しい肌へと導きます。 ※1 ブドウ果実細胞エキス(保湿成分) ※2 アルガニアスピノサカルス細胞エキス(保湿成分)

#post #Sorabudo #ソラブドウ #空ぶどう #コスメ #スキンケア #オーガニック #葡萄 #酵母 #ボタニカル #植物#ハーブ #美容液 #フェイスマスク

まとめ

化粧品ないようもさることながら秀逸なデザインでこころにうたれます。

葡萄の皮膚効果は、昔からいろいろよいことをいわれていました。

AMAZONにも楽天にもないので、お求めになりたいかたは本家サイト 天然成分100%オーガニックスキンケア【Sorabudo】にてどうぞ!