紫外線はシミ以外にもシワたるみの原因に!肌を守るためのメカニズムについて

Last Updated on

FUNEです。引きこもりの私を、ドラゴンウォークが外に連れ出してくれます。

たいていは夜目的地一か所だけ設定していってかえってくるだけなので、大した距離歩いていませんが・・・

もし昼間の行動だとしたら、オゾンホールを突き抜けてさしてくる紫外線。避けようとしてもなかなか難しい!(と無理くりつなげる)

今日はシミしわの原因となる紫外線を避けなくてはいけない理由を書きます。

***

紫外線からうけるダメージ

紫外線は私たちが想像する以上に肌にダメージを与えています。日焼けはシミの原因になるだけでなく肌の奥深くでじわじわと老化を進めて、シワやたるみを引き起こします。

1本でスキンケアからベースメイクまで「direiaTO BBクリーム」

なぜ、紫外線がシワやたるみを引き起こすの?

紫外線には波長によって2つの種類があります。

このうち、地上に届くのがUVA,UVBと呼ばれる2つの紫外線です。

肌が真っ赤になる日焼け(サンバーン)や、肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こすのは、UVBの仕業。

一方、波長が長いUVAは肌の深部の真皮にまで到達し、ハリや弾力保つコラーゲンやエラスチンを破壊。UVBほど急激な変化は与えませんが、肌の奥深くでじわじわと老化を進め、年月をかけてシワやたるみを引き起こしていきます。

これがいわよる❝光老化❞で、加齢によってあらわれる❝自然老化❞よりも圧倒的に老化を進めるといわれています。

ハリと弾力のない肌に働きかける【BanduR LIFT Pro】

日常の紫外線対策

紫外線は一年中降り注いでいます。

とくにUVAは冬でもさほど量が減らず、雪や窓ガラスも透過するので、季節に関わらず、曇りの日も家の中にいるときも、紫外線対策は必要です。

最先端のマイクロニードル技術を採用【リンクルスポットマスク】

日焼け止め

日焼け止めを塗るのは、一年を通しての習慣にしましょう。

パッケージに記載されている「SPA」は、日焼けを起こすUVBを防ぐ効果を表す数値で、数値が高いほど効果が高いといえます。

PA」のほうは、シワやたるみの原因となるUVAを防ぐ効果をあらわします。

表記は4段階に分かれていて、「+」が多いほど効果が高いので購入するときはPAのほうまでしっかりチェックしましょう。

【アロベビー UV&アウトドアミスト】

飲む美容液!?オールインワン美容サプリ【マスターホワイト】

日傘・帽子

物理的に紫外線をカットする方法です。

(ドラゴンウォークなどで)長時間屋外で過ごすときは、日傘をさしたり、(ウォークのときは日傘ムリ)帽子をかぶったりするようにしましょう。

UV加工されたものなら、さらにGOODです。

【お買い物マラソン価格!】帽子 レディース UVカット【オックスハット】つば広 折りたたみ OK 秋 冬 秋冬 春 夏 春夏ハット青 黒 海 ウォーキング 自転車 旅行 アウトドア 紐付き あごひも付 サイズ調整可 ハット UV帽子 UVカット帽子 紫外線 近赤外線 UPF 遮光

価格:1,000円
(2019/9/22 01:50時点)
感想(55件)

100%完全遮光 99%ではダメなんです!ビシュウウール 6パネルハット レディース UV 秋 冬 モデル【Rose Blanc】日よけ uv 帽子 UVカット 40代 ファッション 30代 ファッション

価格:7,344円
(2019/9/22 01:51時点)
感想(4件)

サングラスを使いましょう

目に強い紫外線が入ると、脳が「メラニン色素を作れ」と命令を出すため肌が黒くなってしまいます。(白髪に指令だしてくれたらいいのにね)

また、目そのものにもダメージを与え、将来的には白内障の原因にもなります。

こうしたことを防ぐために、外出の際はUVカット機能を持つサングラスをかけるようにしましょう。

サングラス UV400 [1,499円/1点★3点購入で※クーポン利用]【楽天ランキング1位獲得】【宅配便配送】サングラス レディース sunglass 眼鏡 メガネ アイウェア UV400 UVカット 紫外線対策 UV対策(UV400プロテクションセレブリティサングラス)[ 春 夏 春夏 サマー ]

価格:1,999円
(2019/9/22 01:52時点)
感想(681件)

ナイキ サングラス NIKE EV0978 アウトドア スポーツ UVカット 【国内正規品】【あす楽対応】【FCS】

価格:14,000円
(2019/9/22 01:52時点)
感想(1件)

美容医療でプロのケア

日常の紫外線で光老化をある程度❝予防❞できても、完全に❝防ぐ❞のは難しいもの。一度できてしまったシワやたるみの改善には、美容医療でプロのケアをうけるのが効果的です。

レーザー・光治療

肌の表面からレーザーや光を照射することで、シワやたるみを改善します。赤みや腫れなどが出ることはほとんどなく、エステのような感覚で受けられます。

糸を使ったリフト

羽毛立ちのある糸や、突起物のついた糸を皮下に挿入することで、たるみを持ち上げる方法です。

糸の周りにコラーゲンが生成されることでリフトアップ効果が長期にわたって維持します。また、たるみを持ち上げることで、シワにも改善されます。

注射(ボトックス)

額や眉間、目尻など、表情によってシワができる場合は、筋肉の動きを抑えるさお湯のあるボトックス注射が効果的です。

シワが寄らなくなり、すでにできてしまったシワも薄くなります。

一方すでに深くシワが刻まれている場合は、シワの溝をしっかり持ちあげてくれるヒアルロン酸注射がおすすめです。

最近は皮膚の中ではなく、皮膚の下に注入することで、たるみをリフトアップさせるような打ち方もあります。

まとめ

医療的な領域になっていくと、注射だとかなんとかちょっと痛そうな感じになってきますね。まずは、紫外線について甘く見ないできちんと日焼け止めをぬって、帽子、日傘の対策をすること。そして、サングラスをすることでしょうか。

日々の食事や、スキンケアも大事です。

それでも、年とれば、シミやしわやたるみは仕方ないのかなと思っています。これに無駄な抵抗をしようとしても、戦うだけつかれちゃうかも・・・。いちを化粧品やサプリや美容外科のリンクいれておきます。