FLAGANオメガ3摂取。亜麻仁油とアルガン含むピュアサプリの登場

Last Updated on

摂取、飲用するためのサプリとしてのオメガ3油脂のご紹介です。
よくオメガなんとかってきくけど、あれは何なのでしょうか。その辺を紐解いていきたいと思います。
オメガ3、6、9って何が違うの?

オメガ3、オメガ6、オメガ9の違いについて

数字が違うこれらのオメガって何が違うのでしょうか。そもそもオメガってなに?
油脂を元素単位でみていくとその数字の意味がわかるようです。
オメガ3

オメガ3系脂肪酸は、代表的な脂肪酸としてはα-リノレン酸があります。

α-リノレン酸は、人の体内でつくることができない、必須脂肪酸。
α-リノレン酸は、体内に入ったあと、代謝されてEPA、DHAとなります。
植物由来の油では、えごま油や亜麻仁油に多く含まれるほか、青魚含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系列脂肪酸です。
青魚をたべるとよいといわれているゆえんはここにあります。
オメガ6
オメガ6系脂肪酸は、代表的な脂肪酸はリノール酸。リノール酸は、人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。血中のコレステロール濃度を下げると言われています。植物由来の油では、コーン油、大豆油など、身近な油の主成分でもあります。
オメガ9

オメガ9系脂肪酸は、代表的な脂肪酸はオレイン酸。オレイン酸は、油から取り入れるほか、体内でも合成されます。

血中の善玉コレステロールはそのままで、悪玉コレステロール濃度を下げると言われています。

代表的な油にオリーブオイルがあります。(オリーブオイルは低温で固化する場合もあります。)

近年はオレイン酸が多く含まれるよう原料が品種改良されたべに花油や、なたね油が流通しています。

オメガ2とかオメガ4はないということですね。
ここで注目されているのが、オメガ3。

オメガ3がなぜ体にいいのか

オメガ3脂肪酸のEPAやDHAは、脂肪が多い魚(たとえば、サケ、マグロ、マス)や甲殻類(たとえば、カニ、ムール貝、カキ)のような海産物に含まれています。

(→これらをとると体によいということで、やったーー! と、やたらたくさんたべてはいけません。とくに妊婦さんはNGです。妊婦って、普通に生活している分にはいいんだけど、これが体にいい! と、テレビなどで放送されて、そればかり摂取すると、実はその食材は妊婦さんの過剰摂取NGのやつだった!!! ということがよくありますので、普通に生活してわからないことはお医者に相談してくださいね。)

私は、カキ大好きですが、やはりこれも毎日毎日たくさん食べるものではないので、時々の楽しみとしてのポジションです。

オメガ3の異なる種類であるALAは、植物油(たとえば、セイヨウアブラナ、大豆)など他の食物に含まれています。
オメガ3脂肪酸はサプリメントとしても摂取できます。
たとえば、魚油サプリメントはEPAやDHAを含み、亜麻仁油はALAを含んでいます。
オメガ3がなぜよいといわれているのか、諸説いろいろあります。

✅なんだかやるきがでない

✅ほてったり寒くなったりする

✅なんだっけ? が増えた

✅健康診断がこわい

✅両親の今後が心配

✅子どもに迷惑をかけたくない

✅思い出を大切にしたい

✅妊娠中によいものをとりたい

スーパーフード フラックスシード 亜麻仁油

亜麻仁油は、オメガ3を豊富に含んでいます。

亜麻仁油とは?

近年では亜麻仁の中に含まれるオメ ガ3脂肪酸が注目を浴び、「スーパー フード」と呼ばれることもある亜麻仁油。

亜麻仁を食べさせて育てた鶏の産ん だ卵が北米・南米・欧州・アジアで多 く販売されていたり、ベーカリー製品にも使われたりと油として以外でも人気があります。

1日に必要とされているオメガ3を、オメガ3が豊富だと言われている魚で補うとするとマグロの刺身で18人前も必要となります。

マグロ18人前!!

特にオメガ3は熱に弱いため焼き魚やフライにしてしまうとさらにたくさんの量をとならければなりません。

ですが亜麻仁油ですと3.6gで十分なのです。

この手軽さが注目されてから 亜麻仁油を選ばれる方が急激に増えたと言えるでしょう。

多数メディアで紹介されています

亜麻仁油とアルガンオイルを含む100%ピュアオイルサプリで生活を変えてみませんか? 「あなたらしい、身体と心へ」

亜麻仁オイルが気難しいヤツなので(酸化しやすい)アルガンオイル(酸化しにくい)と組み合わせたら、いいんじゃないかということで開発された【フラーガン】。

アルガンオイルはたんなる延命させるものではなく、アルガン自体にすごい力があるので(私いはむしろアルガン推しです)この組み合わせはすごいです。奇跡の組み合わせ!

フラーガン、到着したので、開封動画とりました

メッセージのところのシール、季節ごとにかわるんでしょうね。かわいい。

モロッコの宝石アルガンオイル

アルガンオイルといえば美容成分として肌につけることはあっても飲むことは今までなかったかもしれません。

アルガンオイルは100kgの実から 1~20gしかとれない貴重なオイル。

その貴重なオイルを配合することで内面からエイジングケアできる最高のカプセルに仕上がりました。

亜麻仁×アルガンのフラーガン

この油脂は日本ではとれません。

たとえとれたとしてもわずか少量なので、この植物が育つ国から輸入する必要があります。

亜麻仁油はオーストラリアから、アルガンオイルはモロッコから直輸入しています。

オーガニック認定も受けている100%ピュアサプリで内面から綺麗に。

フラーガンの特徴
・亜麻仁油(アマニ)とアルガンオイルの100%ピュア植物オイルサプリ
・産地直輸入(オーストラリア/モロッコ)
・日本の工場にてカプセル化

期間限定!お得なキャンペーン中

初月3,980円(税別)⇒1,980円(税込)!! ※2ヶ月目以降もずっと4,980円の37%OFF!



フラーガンまとめ

オメガ3、6、9の違いと、日常的にどのようにして摂取を心がけたらよいのか。
それがいかに大変かということがよくわかりました。
加熱すると酸化する、開封して空気にふれると酸化する、だけど毎日とったほうがよいといわれているオメガ3。
私は青魚大好きですが、さすがに毎日サバライフというわけにもいかないので荏胡麻をサラダにいれたり、味噌汁に油を落としたりしていただいていましたが、手軽にサプリでとれるならそれに越したことはないと思います。
人は経年劣化してくると、いろんなものが足りなくなるので、サプリ地獄にならないようよくよく見極めて本当に大事なものをとっていきたいと思いました。